グラフが一気に成長する「飛翔」の成功例と失敗例 WCCF日記 108

2012.07.25.Wed.02:30
1個前の記事で使用感(序盤)を書いたバイデンフェラー
今日初のPK戦に臨み、1本も止めず負けてしまいました(6本決められました泣)
相手は対人でカシージャス。
でも…覚醒前だからまだまだ期待するのをやめない!

さて、飛翔の成功例と失敗例をご紹介。

その前に「飛翔」とは…練習をやりっぱなしにすることでまれに発生する、チームグラフがもの凄く成長するイベントの略称です。

■やり方

・何でもよいので練習を選び、止めずに放置する。

・すると、「ケガ」、または「完全に疲れきった」というコメントが出て練習が勝手に終了する(ケガは失敗)。

・その後、コンディションダウン、または「飛翔」が発生し、グラフが大きく成長する(コンディションダウンでもそれなりに成長はする)

それでは画面で成功例と失敗例をご紹介。

まず、練習が「ケガ」で止まる場合は、1度は見たことあると思うので省略します。
この場合はもちろん失敗ですね。

ケガではなく「完全に疲れきってしまい、もう誰も動けません。」というコメントが出れば1段階突破。

DSC_0551.jpg

その後「完全にオーバーワーク」とのコメントが出ると失敗。
但し、練習した分はグラフがそれなりに伸びるので、半分失敗というところでしょうか。
全員のコンディションが1~2段階下がるので、対人戦とかカップ戦決勝前などにはあまりオススメできないですね。

DSC_0552.jpg

成功パターンはこちら。
限界を超えた練習は、チームをさらなる飛翔へと導くでしょう。

DSC_0553.jpg

グラフが1~1.5cmくらいググーッと伸びます。
成功率は6回に1回くらい?
運にもよると思いますが16%くらいは期待してもよいのかなと。

ケガではなく、コンディションダウンであればグラフはそれなりに伸びるので、ケガさえなければチーム育成序盤においては有効な練習方法ではないかと思います。

また成功させるポイントとしては、

ケガしやすい選手はいないか?
→これからチームを組む監督さんはケガ耐性にも注意すると飛翔を発生させやすくなると思います。

コンディション良好時に。
→失敗すると全員1~2段階下がるので、良いほうがいいですね。

有名コーチなど特別練習が発生したときはチャンス!
→2つ、3つのパラメータを一気に伸ばすチャンスなので、ここはぜひ挑戦してほしいところですね。
 但し、下がるパラメータがある場合はハンパなく凹みますので、ご注意を。
 戦術AだったのがBに下がって次の試合で苦労しました汗

うまくいけば25試合程度でグラフがMAXまで成長するようですので、連携は黄金連携こすりで鍛えて、余裕ができたところで特殊能力を多く覚醒させて、使える戦術の幅を広げると、また戦いやすくなっていくのかなと思います。

ますます楽しい、WCCF!

★使用感まとめページ
関連記事
コメント
めっちゃいい方法ですね!!

次チームで試してみたいと思います♪
>ゴーギャンさん
コメありがとうございました!
ぜひぜひー^^

管理者にだけ表示を許可する