スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12-13 ロケテ 使用感 WCCF日記

2013.07.23.Tue.02:07
チャンフトに愛想が尽きてきたのでブログタイトルを以前のに戻して再出発!
ということで12-13のロケテをプレイしてきました@新宿

つらつらと使用感を書きたいと思います^^
なお撮影禁止だったためテキストのみです!

★称号が豊富。序盤から割とすぐもらえる。
→試合中に出る指令をクリアするともらえるパターン(例:試合直後に出る「無失点で勝利」の指令をクリアすると「守護神」がもらえる)と、特定の条件をクリアすると付与されるパターン(PK3本相手が外して勝つと「ラッキーボーイ」がもらえる)がありました。
うちのハンダノビッチがNCで3本止めて勝ったのに「ラッキーボーイ」なのか!とはちょっと思いましたが。

★もらった称号はストックできて自由に変えられる。
→浮気者をよく頂戴する僕としてはありがたい制度です。

★レギュラーリーグはCPU戦になりいつでも参加可能。90秒くらい待たないと試合ができなかったところが、用意ができればその秒数をスキップして試合ができる。
→ただし、RL後に店内やカップ戦に入るとその分待ち時間も長くなりました。
でもさくさくRLできるのはうれしいなあ。

★ヌルヌル感は現在比15%UP
→選手の動きのヌルヌル感はちょっと増したような気が。

★サイドチェンジや中距離のパスが通りやすくなった。
→ついに逆サイドチェンジが真価を発揮するときが来たのか?

★リトリートはとんでもなくリトリート
→全員ペナルティエリア内から出てこなくて、チェックにも行かずひたすら待ち構えているので使い方に困りました。

★ビッグマッチプレーヤー、ジャイアントキラーは1試合に複数人ずつ発動することがある。
→例えばビッグマッチプレーヤー2名+ジャイアントキラー1名みたいな組み合わせもあり。
試合が始まるとそれぞれ個別に発動してアイコンが出て、選出された選手は動きがよくなりました。
KPのように特定の選手に決まって発動するかは不明。

★ドリブルが多い。
→カードの配置が悪いまたは連携が悪いのが原因か、パスコースを探しながらドリブルして結果的にCBでもどんどんドリブルで上がっていってしまう場面が多々ありました。
最初の配置を見直す。または連携がつながれば解消されるのか?
敵と重ならないように配置するのはけっこう重要かなと思いました。
またドリブルはテクニックが高ければパワーに頼らずとも抜けていけそうな気はしました。

★練習時に突然特定の選手がクローズアップされ選択肢が出現。成功すると★が付く?
→守備練習時にイバノビッチにカメラが寄り、1対1の場面になり「大胆に対応」OR「慎重に対応」のような2択が出現。大胆な~方を選ぶとイバノビッチがボールを奪取して成功。そこで全体練習も自動的に終了し、SSみたいにカードがピーン!と輝きました。
その後グラウンドで呼んでみたら★が付いていたので、必ず付くかは不明ですが、全体の効果およびイバノビッチに特別な成長があったことは間違いなさそうでした。

★今回もGKは基本強い。
→1対1の強さは現行と同じくらいでした。

★FKのリプレイは斜め上からのアングルがいい感じ
→ゾラにFKを叩き込まれたのですが映像がかっこよかったです。

★試合に負けているときハーフタイムで特定の選手に対して「君に頼むぜ!」的な選択肢が出て成功するとKPが一気にSになる
→負けているときのハーフタイムでハンダノビッチがクローズアップされ、よく見てなかったのですがお前に任せたぜ!的な選択肢を選んだらそれまでシュートセービングBだったのが後半開始から一気にSになりました。
負けてるのに守備的なKPがSになるんかい!というツッコミはありつつもこれが攻撃系KPだったらかなりありがたいなと。

★クロスを上げる位置が浅くなった
→現行のプルバック気味の奥まで突っ込んで上げるパターンではなく、わりと前めからでもクロスを上げるのでアーリークロス重視なんかはまたおもしろくなりそうな予感。
クロスに対するディフェンスも現行よりは弱まったかも?

★総括
7クレしかやりませんでしたが12-13の方向性としては、
・プレイ感は11-12V2をベースにしている。
・試合、育成ともにランダムな要素が多い。
・特に試合はジャイアントキリングなどの選手の要素とハーフタイムのカツ入れで弱いチームでも強いチームに勝てる可能性が高くなるので初心者がより入りやすくなる。
・また強いチーム同士でも不確定要素が多いため、バラエティに富んだ選手選択、戦術選択が生まれる。

こういったメリットがあるのかなと思います。
懸念点としては11-12V2の動きの好き嫌いでゲームから離れてしまった人も多いかと思うので、新要素と新カードの魅力でまた呼び戻すことができるのかが課題ですねー

それにしても!
ますますおもしろくなりそうで、今からワクワクが止まりません^^
僕も含め今までなかなか勝てなかった人にこそ、チャンスがあるバージョンじゃないかなと思います!
たのしみですなあ~

今回の付録は誰でしょうか!

楽天 Soccer Game King (サッカーゲームキング) 2013年 9月号 【雑誌】
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。