スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレッカさんの戦略を分析してみる (おまけ追加)

2014.08.02.Sat.23:54
最近Twitterのタイムラインでよく流れてくるのがトレッカさんの福袋の話題。







豪華な内容ですよね〜
ほんとに儲けがあるのか?という疑問に対してトレッカさんの回答は










ということで、全ての福袋が赤字なわけではないですが、赤字になるような超お得な設定もあるとおっしゃってます。

でも、これは広告としては非常にうまい戦略ですね。

例えばYahooやgoogleで「wccf」とか、「wccf 買い取り」とかいうキーワードで検索しても出てくるのはテムのレアル屋さん他は出てきますがトレッカさんは出てきません。

WCCF関連キーワードの広告出稿を推定すると、1ヶ月10万〜30万くらいでしょうか。
もちろん買うキーワードにより上下するとは思いますが。

売れても売れなくても、広告出稿すれば確実にお金が出ていきます。

トレッカさんの場合は広告をせず、赤字福袋を販売することで、儲けがでなくでも、トントンで済みます。

そのお得な福袋を買った人が、Twitterなどでトレッカはいいぞ!とつぶやき、それが多数RTされることで認知度が高まれば、広告費が実質ゼロで宣伝できるわけですね。
バイラルマーケティングってやつです。

ただ、販売と認知度向上だけが目的ではありません。

トレカショップのキモは買い取りにあります。

ネタがなければ福袋は作れない。

小売店と違って、問屋やメーカーから商品を仕入れられないのが中古ショップであり、買い取りが常に一定量できるかが、中古ショップの存続に関わる大きな問題なのです。

SGKとか雑誌にわざわざ広告を打ってるショップもありますよね。高く買いますよ!っていう。
買うというお金が出ていく行為に対してお金をかけて宣伝しているわけです。

また、ネットでは買い取り表も公開されていたりして、宣伝にお金をかけたとしても、安く買い取れるわけではありません。
売る側は高く売りたいわけで、ネットでカンタンに比較できるので、買い取り側も相場にある程度あわせないといけないわけです。

売る側には選択肢がたくさんあります。
家の近くで売ってもいいし、ネットで売ってもいい。

そしてヤフオクというトレカショップからしたら強敵もいるわけです。

ヤフオクはショップの買い取りよりは概ね高く売れますし、買う側もショップより1〜2割安く買えるわけで、慣れた人ならヤフオクで済ませてしまうかもしれない。

そこに割って入るのがとても大変なのです。

馴染みのとこじゃなく、うちに売ってくださいよ!というアピールですね。
ツイートにもありましたが、目的は「皆様の行きつけショップにな」って、カードを売ってほしいわけです。

それを、赤字福袋のバイラルマーケティングで行っているという。

さらにもう1個すごい、買い取りの常識を覆すシステムをトレッカさんは導入しています。

それはLINE査定です。

LINEで写真とっておくれば査定をしてくれて、さらにカード到着まで価格を保証するという、2重にすごいことをやってます。

まずLINE査定。

ショップにカードを送るって、売る側からしたらすごいハードルです。
それこそ、近くにショップがあればもってけば済むはなしで、わざわざ梱包して送るのはめんどくさい。

でも、写真で査定するっていう、査定する側したら前代未聞の査定方法を導入し、そこでお客様に納得いただける金額を提示して送ってもらうという、売る側からしたら超ラクなシステムがすごいです。

なぜ前代未聞か。
だって真似できないですよ、画像だけで査定するなんて。
隠れたキズがあるかもしれないのに。
さわったらネチョネチョと粘り気があるカードかもしれないのにw
実際、他でやってるとこは無いですよね。
これだけでもいかに画期的な(トンデモナイ)ことをやっているかわかると思います。

そしてカード到着まで価格を保証する点。

例えばロケテ限定YGSラファエウは序盤は高額でしたが、今後雑誌付録で出るかもしれない、っていう情報が出て、相場もけっこう下がりましたよね。

これが怖いんですよ。

買い取り時点で付録の情報が出ておらず高額査定した場合、それを保証してしまったら、あとで買い取りより売値が下がってしまい、赤字になってしまいます。

また、在庫リスクもあります。

ラファエウの在庫がなく、1枚でも買い取りたい場合に高額査定したとして、その直後に合計20枚のラファエウの買い取り依頼があった場合、在庫を21枚抱えることになり、価格が下がらないうちに販売しきれないリスクが出てくるわけです。

数枚高い価格で売れたとしても残りが売れず、相場が下がってきたときに損をしてしまうというわけですね。

上記2点を避けるために、たいていのショップは、到着時の相場で査定します、とか、在庫により価格は変動します、と予め説明しています。

トレッカさんは通常のショップが嫌がる買い取りリスクも引き受けますよ、というのが、他店には全く真似できない、逆に言えばリスクが大きいシステムですね。

そこに挑んでいるのがすごいなーと。

あ、べつにトレッカさんのステマではないですよw

元トレカショップ運営を手伝っていた者として、えらく感心しているわけです。

こんなやり方やってたら店をたたまずにすんだのになあっていうw
福袋は売れるのはわかっていたんですが、買い取りがうまくいかなくて、継続できなかったんです。

この赤字福袋戦法とLINE査定で、ショップとしては後発ながら、ある程度のシェアは取れるんじゃないですかね。

ネットだと全国が対象で範囲が広く、所在地が秋田という点も都会より経費がかからずに済むという利点があります。
あとは買い取りを増やして薄利の福袋でも販売数で利益を出すようにして、シングルカードの販売でも稼ぎたいところです。

高額のシングルカードの出入り(売り買い)の規模が増してきたら、安定および右肩上がりで成長できると思います。

でも天下を獲るにはまだ足りない。
やるからには一番上を目指しているわけです(たぶん)。

そこで是が非でも欲しいのが首都圏のトレカコムとか、マロンとかとかのお客様ですね

先行している猛者たちからどう買い取りのシェアを奪っていくか。
首都圏はプレイヤーも多いかわりに路面店も多いわけで、馴染みの店を変えてもらわなきゃいけない厳しい戦いが待っています。

でも、実はもうそこにも手を打っていると思うんですよ。
それはフットサル大会。
リアルイベントですね。

イベントで顔を合わせて地道に名前を売っていくというw

いや、そういう広告的な意味だけではないですよ、もちろん。

そこには情熱がありますよね。WCCF愛というか。

それがなきゃ秋田から車飛ばして東京まで来ないですからw

いかに広告宣伝して、いかに儲けを出すかだけじゃなく、はるばる秋田からかけつけるWCCFへの愛を感じるとても良いショップだと言いたいわけです。

今後も動向を注視していきたいと思います。
おもしろい。
どこまで行けるのか。
天下を取れるのか!!
いけ!トレッカよ!!!


勝手な分析で、違ってたらすみませんw
やってみたら意外とおもしろかった。
迷惑でしたかねw


そんな分析をしてきたトレッカさん、一度は名物の福袋を買ってみたいと思っているのですが、買えてないんですよねー

福袋自体、あまり買ったことがないんですが、あれだけ好評なのを聞くと、1回は買いたいな、と思わせるのがすごいですよね。
てか最近は秒殺らしいので買えそうにないですが。

あと残念だったのがWCCFの大会も計画されていたようですが、諸事情で開催できなかったようで。
今後あれば、ぜひ参加してみたいものです。

また秋田から車飛ばしていらっしゃると思うのですがw

あ、WCCFの公式大会ありますが、前回同様エントリーすらできなかったら、トレッカさんに裏公式大会の開催をお願いしてみようw


おまけ

なぜWCCFの福袋はがっかり感が少ないのか

トレッカさんがWCCFを(たぶん)軸にしているのは、WCCFが福袋に適したコンテンツだからじゃないかと思います。

例えばバトル系のカードゲームの場合、強いカードはある程度決まっており、デッキがかなり似通ってくると思います。
そうなると、当たりはコレ、という共通認識ができてしまい、当たりが少ない福袋の性質上、がっかり感を多くの方に与えてしまいます。

ですが、WCCFはあくまでサッカーチームなので、いろいろな好みがあります。
クラブチーム、ナショナルチーム、それだけでも年代で異なりますし、スターを集めたドリームチームも人によって違います。

また、福袋で入手したことがきっかけで使ってみたら好きになる選手も出てきますよね。

自分の好みが広がるきっかけにもなるわけです。
だから、福袋が適したコンテンツだなーと、そこを軸にしているトレッカさんは大正解だなと思います。

ただ、さらに巨大なマーケットである遊戯王も抑えられるようになれば、軸が2つできてさらに安定するでしょうね。
遊戯王はよく知らないので全く分析できませんがw

最近引ける気がせず、買う気もなくなってきたので、福袋でセレソンロマーリオを当てたいな〜
いや、当たるならフルミネンセでもいいw
数量限定セール!!WCCF1213-HOLE04ロマーリオ

数量限定セール!!WCCF1213-HOLE04ロマーリオ
価格:21,800円(税込、送料別)

関連記事
コメント
最後にアフィリンク貼る所がいやらしいですね
Re: タイトルなし
>名無しさん
いやいやいやいやいや、そんくらい、いいでしょ
いやらしいって、、、数十円の楽天ポイントも許さない感じ?
またはエロいってこと?w
ちょっとした楽しみくらいあってもいいじゃないの。
ちょいちょいアフィリンクはるブログだからさ、理解していただいて、あとは読む読まないはあなたの自由なので。
a
トレッカは最悪です、以上
Re: a
>aさん

なにがあったんすかー!

でも売れてる分だけこれから批判も増えそうですね。。。

トレッカさんの進化に期待しております。
No title
福袋と名がつくのは大当たりを入れることで利益でないといいつつ、抱えていてもしょうがないのを抱合せで売る在庫処分ですね。

それでもすぐ売れるのは鬼袋のイメージがあるからでしょうね。

鬼袋も値段が結構するし、抱き合わせなんで欲しいのかどうかってとこもありますけど。

買取ポイント換算→ポイント鬼袋はうまいですね。

お得意様ができて多少の割高でもシングルも買ってくれるし。

細く長く続けるにはいいかもしれないけど、果たしてWCCF自体がいつまで・・・

他の競合店がやらないのはやらないだけの理由もあるわけで・・・

客にとっては優良店ですけどね。
個人的には張り付いてないといけない鬼袋以外いらない(笑)
Re: No title
トレったさん
コメあざす!

トレッカさんがうまいのは、当たった人がソーシャルで広めたくなるような企画を打つところですねー
福袋はマロンも他も出てますが、本当に当たったやつがいる!ってとこが明らかなので、仮にマロンとかと確率が同じでもイベント性が高く、売れているのだと思います。

あとポイントは確かに福袋とからませることでお客の依存度を高めるうまい戦略ですね

今後はSEGAしだいかなと。
このままの仕様、つまりレアをバーコードで登録したかどうか、筐体でしかチェックできないとしたら、買い取りがかなり厳しくなり、wccfの中古市場はしぼんでいくかなと。
もちろん、そうなってほしくはないですが。。。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。